本文へスキップ

CAE教育研究所はCAE技術を習得する人が社会に貢献する優秀な解析者に成長していくCAE教育を研究しています。 日本機械学会公認CAE技能講習会も開催しています。

太田校・東京校とも、お問い合わせは

TEL. 0276-55-4455

CAE教本 教材 書籍情報Books

CAE教育研究所が出版している書籍です。

オープンソースCAEソフトウェア『Salome-Meca』Ver.2015.1 [0]インストール

オープンソースCAEソフトウェア『Salome-Meca』Ver.2015.1 [0]インストール

ISBN9784904694084
本体価格2,000円+税
ご購入は、全国書店、大学生協、各種WEB書店へ

内容紹介

本書は、無料で使用することができるオープンソースCAEソフトウェア『Salome-Meca』Ver.2015.1(プリポスト『Salome』と構造解析ソルバー『Code_Aster』が統合されている)のインストール方法を、解り易いようにオールカラーで丁寧に記した書です。

この本に掲載されたプログラムを使用するための必要事項
CPU: Intel core i5相当以上が望ましい。
OS: Microsoft Windows 7 (64bit) ・ Windows 8 (64bit)、Linux Ubuntu Ver12.04.5 (Ver12.04.4)
グラフィックカード: NVIDIA GEFORCE 640M 相当以上が望ましい。
メモリ: 4GB RAM以上(8GB以上が望ましい)。
ハードディスク: 最低150GB程度の空き容量が必要。
※上記事項を満たしていても、マシンの種類、使用状況、設定等により、使用が難しい場合もございます。ご了承ください。

『Salome-Meca』について
『Salome-Meca』は、ヨーロッパ最大手電力会社eDFが開発したCAEソフトウェアで、インターネットから無料でダウンロードして使用することができるオープンソースCAEソフトウェアです。機能・品質とも、非常に高く、オープンソースでありながら今もなお開発続行中で将来性の高い構造解析ソフトウェアです。日本においても、このソフトウェアを用いて製品開発や研究を行う技術者・研究者・学生が増えてきており、昨今では、大手企業や研究団体においても使用され始めています。

目次

1) Salome-Meca紹介
2) ファイルシステム
3) インストール
 3-1) VmWare Player のダウンロード及びインストール
 3-2) Linux OS Ubuntu のダウンロード
 3-3) Salome-Meca のダウンロード
 3-4) Linux OS Ubuntu のインストール
 3-5) Salome-Mecaのインストール
 3-6) ライブラリーのインストール
 3-7) メニューの日本語化


書籍 教材 テキスト一覧へ 戻る

バナースペース

CAE教育研究所

太田校(本部)
群馬県太田市本町29-1  ものづくりイノベーションセンター2階
東京校
東京都港区芝公園1-2-10
ロジマン芝公園806・807

CAE教育研究所は、ものづくりの未来を拓くCAE技術者を養成する新時代のCAE教育を研究するために、CAEプロフェッショナル会社の株式会社ベリテが作った組織です。株式会社ベリテ(Verite Inc.)