本文へスキップ

CAE教育研究所はCAE技術を習得する人が社会に貢献する優秀な解析者に成長していくCAE教育を研究しています。 日本機械学会公認CAE技能講習会も開催しています。

太田校・東京校とも、お問い合わせは

TEL. 0276-55-4455

定常流体解析 Code-saturne講習会Code-Saturne1

Code_Saturne(オープンソースCAEソフト)で行う定常流体解析実践講習会
※日本機械学会 計算力学技術者資格(熱流体力学分野)公認CAE技能講習会

流体解析の基礎知識を習得した上で、層流および乱流についての例題を通して熱流体解析の基本的な技術を習得します。
日本機械学会のCAE資格にも対応しており、さらに、使用料無料のオープンソースCAE(流体解析)ソフトウェア「Code_Saturne」の操作も覚えられる、非常に付加価値の高いお得な講習です。

講習会の特徴

1.流体解析の基礎を学びます。
2.日本機械学会の計算力学技術者資格(熱流体力学分野)の公認CAE技能講習会に認定されており、初級及び2級資格取得に対応しています。
3.オープンソースCAEソフトウェア(使用料無料)を用いて学習するため、受講後も繰り返し学習することが可能です。
4.Code_Saturneの操作を学ぶことができます。
5.Code_Saturneは、学習のためだけでなく、仕事や研究にもご利用いただくことができます。

講習内容

1.流体の基本的性質
流体の基本的性質として、流体解析を行う上で知っておくべき基礎的内容。

2.解析に用いるソフトウェアについて
Windows上でLinax版のCAEソフトウェアを使うために使用するソフトウェアCAELinuxと、構造解析ソフトウェアSalome-Meca及び流体解析ソフトウェアCode_Saturneについての基礎事項。

3.平行平板間の流れ解析
1)平行平板間の流れ(層流)を例題とした解析。理論解と解析解の比較。
2)壁面の温度を50℃(水温初期値20℃)とした温度分布についての計算。

3)等分割したメッシュモデル(Case 1)と、壁面により密に分割したメッシュモデル(Case 2)の作成と解析結果の比較。

Case 1 メッシュモデル Case 2 メッシュモデル

解析結果
Case 2 X方向流速ベクトル図
Case 2 温度分布コンター図

4.縮小管内の流れ解析
1)縮小管内の流れ(乱流)解析を例題とした理論解と解析解の比較。
2)節点数の違い(メッシュの細かさ)による解の比較。

例題モデル
モデル
圧力コンター図
X軸上での圧力値
X方向流速コンター図
 
X軸上での流速値

受講資格レベルの目安

機械設計の経験者、あるいは工学知識を有する学生および研究者で、多少なりともCAEを扱った経験がある人。

開催場所

イベントや出張開催等の特別な場合を除き、当研究所の講習会場にて開催しております。

講習会場 所在 および 交通目安
太田校
→アクセス
所在:群馬県太田市本町29-1 ものづくりイノベーションセンター内
東武伊勢崎線「太田駅」から徒歩7〜9分。
北関東自動車道「太田桐生IC」から車で12〜14分。
専用駐車場あり(無料)。身体障害者用トイレあり。
東京校
→アクセス
所在:東京都港区芝公園1-2-10 ロジマン芝公園806/807
都営三田線「御成門駅」から徒歩2分。
都営浅草線・都営大江戸線「大門駅」から徒歩4分。
JR「浜松町駅」、東京モノレール「浜松町駅」から徒歩8分。
専用駐車場なし。身体障害者用トイレなし。
その他 ご相談ください。→お問い合わせ

開催日

講習会カレンダーで、お申込み可能日をご確認ください。
「〇と記載された日」、または、「この講習会名が記載されている日」の中から、ご希望の日をお選びいただくことができます。
→ 講習会カレンダー


開催時間

開催形式 開催時間
一般開催 各受講日ごとに、【A】【B】のいずれかを選択。
【A】10時30分〜16時40分
(昼休み60分、リフレッシュ10分)※すべての曜日で選択可能。
【B】12時30分〜17時50分
(リフレッシュ10分×2)※火・木・土・日のみ選択可能。
貸切開催 各受講日ごとに、【A】【B】その他、応相談
(事前にご希望をお問い合わせください→お問い合わせ

受講料金

1名様あたりの受講料は下記表の通りです。
受講料には、教材および事務費が含まれております。
別途、消費税が必要です。

一般開催 東京校受講料 太田校受講料
1名 60,000円 50,000円
2名同時申し込み&受講 45,000円 35,000円
3名以上同時申し込み&受講 35,000円 30,000円

貸切開催 東京校受講料 太田校受講料
1名 90,000円 80,000円
2名同時申し込み&受講 50,000円 45,000円
3名以上同時申し込み&受講 40,000円 35,000円

通信受講 受講料
基本(3か月以内) 40,000円
※各種送料として、別途1,000円。
受講期間延長(希望者のみ) 2カ月毎に、5,000円の追加受講料
セット受講料金 →通信受講のページをご覧ください

その他の開催形式
出張開催・講師派遣・講習会請負等、企業様・団体様・教育機関様の研修
開催条件により異なります。お見積もり無料。お気軽にご相談ください。→お問い合わせ


その他

ご自分のパソコン持参で受講することも可能です(講習会場での受講者は希望者のみ。通信受講者は必須)

1. ご自分のノートパソコン持参での参加を希望する人は、お申し込み時に「ノートパソコン持参」を選び、必ず事前に「CAE Linux 2016」をインストールして動作確認を行っておいてください。

2. 自分でインストールするのが面倒な人や、心配な人は、講習会開始前にCode_Saturen及び周辺ソフトウェアをインストールするオプションもございます(有料:料金は「CAELinux2013インストールオプション」の欄をご覧ください)。
2-1) オプション参加者は、持参するパソコンの必要スペックや空き容量の確認を必ず事前に行った上でお申し込みください。
2-2) オプション参加者は、講習会開始時間の1時間前にご来場ください。
2-3) オプションをご利用される通信受講者様は、受講期間が1か月追加になります。(例.3か月→4か月)

【CAE Linux 2013 のインストールに必要なパソコンのスペック(推奨)】
CPU : Intel core i5相当以上が望ましい。
OS:Microsoft Windows 7/8/10 ※64bitのみ
グラフィックカード:NVIDEA GEFORCE 640M以上が望ましい。
メモリ:4GB RAM以上(8GB 以上が望ましい。)
ハードディスク容量:最低150GB程度の空き容量が必要。
※ご注意ください:お手持ちのパソコンが上記スペックを満たしていても、使用するマシンの種類、使用状況に、設定等により、ご使用できない場合がございます。

この講習会をパソコン持参で受講をご希望の受講者様と通信受講者様へ
必ず、事前に「CAE Linux 2013」をインストールし、動作確認を行った上でご参加ください。
「CAE Linux 2013」は、下記アドレス(当研究所と関係ない外部サイトです)にてダウンロードできます。オープンソースソフトウェアのため、無料で使用できますが、著作権が放棄されているわけではございません。また、ダウンロードやインストール、ご使用については、自己責任となります。ご了承ください。
→「CAE Linux 2013」のダウンロードサイト(外部サイト)


お申し込み方法

前のページ CAE講習会一覧へ戻る

バナースペース

CAE教育研究所

太田校(本部)
群馬県太田市本町29-1  ものづくりイノベーションセンター2階
東京校
東京都港区芝公園1-2-10
ロジマン芝公園806・807

CAE教育研究所は、ものづくりの未来を拓くCAE技術者を養成する新時代のCAE教育を研究するために、CAEプロフェッショナル会社の株式会社ベリテが作った組織です。株式会社ベリテ(Verite Inc.)