本文へスキップ

CAE教育研究所はCAE技術を習得する人が社会に貢献する優秀な解析者に成長していくCAE教育を研究しています。 日本機械学会公認CAE技能講習会も開催しています。

太田校・東京校とも、お問い合わせは

TEL. 0276-55-4455

CAE通信受講講座E-LEARNING

受講会場へ行く機会がなかなか持てない人や、自分のペースで学びたい人のために、在宅で学習できる通信学習コースがございます。受講修了まで、講師がしっかりサポートします。

計算力学技術者資格の取得に対応した講習会もございます

受講者に技術が身についているかどうか、講師が把握できる双方向通信学習形式で行っていることから、「はじめてのCAE 静解析実践講習会」「はじめてのCAE 振動解析実践講習会」「Code_Saturneで行う定常流体解析実践講習会」の通信学習においても、一般社団法人 日本機械学会(略称:JSME) 計算力学技術者資格の取得に対応した「公認CAE技能講習会」としても認められています。
「公認CAE技能講習会」は、受講修了後に発行される「修了証」のコピーを添え、JSMEへ所定の申請を行うことで、各分野の初級資格を取得することができます。また、2級受験の際、付帯講習の免除やソフトウェア使用経験が認められます。

CAE通信受講コース一覧

<EH1> はじめてのCAE 静解析実践講習会通信学習
※一般社団法人 日本機械学会公認CAE技能講習会 固体力学分野対応
受講内容の詳細は、同名の通常講習会と同じです。→同名講習会のページ
※ 初心者は、必ず、解析の基礎である静解析から始めてください。
<EH2> はじめてのCAE 振動解析実践講習会通信学習
※一般社団法人 日本機械学会公認CAE技能講習会 振動分野対応
受講内容の詳細は、同名の通常講習会と同じです。→同名講習会のページ
<EH3> はじめてのCAE 熱解析実践講習会通信学習
受講内容の詳細は、同名の通常講習会と同じです。→同名講習会のページ
※【注意】熱流体解析ではありません。構造分野での熱伝導解析です。
<EH4> CAE構造解析基礎ひととおりマスター通信学習講座
※一般社団法人 日本機械学会公認CAE技能講習会 固体力学分野および振動分野含む
受講内容の詳細は、同名の通常講習会と同じです。→同名講習会のページ
修了書(受講証明書)は、各分野修了ごとに発行するため、万一、すべての講習を修了できない場合でも、修了した分野の修了は証明されます。
<ECS> Code_Saturneで行う定常流体解析実践講習解通信学習
※一般社団法人 日本機械学会公認CAE技能講習会 熱流体力学分野
受講内容の詳細は、同名の通常講習会と同じです。→同名講習会のページ
<EJS> 公認CAE技能講習会セット
※一般社団法人 日本機械学会公認CAE技能講習会 固体力学分野・振動分野・熱流体力学分野含む
受講内容の詳細は、同名の通常講習会と同じです。→同名講習会のページ
修了書(受講証明書)は、各分野修了ごとに発行するため、万一、すべての講習を修了できない場合でも、修了した分野の修了は証明されます。

受講形式

1. 各同名の常設講習会の内容を在宅自習形式で学習します。
2. 講師が受講者の学習の進捗状況や、身につけた技術を把握できる形式で、しっかり学習をサポートしながら開催するため、会場での受講と同様の実力を身に着けることができます。
※ 受講に用いるパソコンは自分でご用意ください。パソコンに必要なスペックについては、このページの最後に紹介しておりますので、必ず事前にご確認ください。
※ 講師とメールで質問や解答の送受信を行うため、インターネットに接続できる環境が必要です。
※ 連絡先がご自宅の通信受講者様は、ご本人様確認のために身分証明書のコピーが必要です。企業、団体、学校等、所属先の研修として受講する人は不要です。

受講対象者のレベル目安

機械設計の経験者、あるいは工学知識を有する学生および研究者。

修了までの期間

<EH1> はじめてのCAE 静解析実践講習会通信受講
<EH2> はじめてのCAE 振動解析実践講習会通信受講
<EH3> はじめてのCAE 熱解析実践講習会通信受講
<ECS> Code_Saturneで行う定常流体解析実践講習会
<EE1-0>伝熱工学基礎講座
各講座とも、
教材到着から3か月間
<EH1><EH2><EH3>の中から2セット選択受講 教材到着から5か月間
<EH4> CAE構造解析基礎ひととおりマスター通信教育講座
※<EH1><EH2><EH3>のセット
教材到着から6か月間
<EJS> 公認CAE技能講習会セット
※<EH1><EH2><ECS>のセット
教材到着から7か月間
※ 各講座とも、学習修了にじゅうぶんな受講期間を設定しておりますが、延長をご希望の場合、修了日の1週間前までに受講期間延長をお申し込みいただくことで、2カ月単位での延長(有料)が可能です。最長6回(1年間)まで延長可能です。
※「CAE Linux2013インストールオプション」利用者は、受講期間がプラス1か月(3か月→4か月、7か月→8か月)になります。

受講料金(税別)

各受講料には、教材費および事務手数料が含まれています。
受講料のほかに、各種発送料を申し受けております。各種発送料は、教材および修了証等の発送料が含まれています。

<EH1><EH2><EH3><EH4><EJS>は、
教材発送手数料には、貸出ソフトウェア返却用送料、修了証発送料等が含まれています。

<EJS>の一部と<ECS>は、
使用するソフトウェアにインターネットから無料で入手できるオープンソースCAEソフトウェア「CAE Linux2013」を用いており、事前に自分でインストールして使用できるように準備していることを前提とした料金を表示しております。
※簡単にインストールして学習を始めたい人向けに、「CAE Linux2013」を簡単にインストールできるようにしたサポートのオプション(有料)もございます。

以下、各税別で表示しております。

<EH1> はじめてのCAE 静解析実践講習会通信受講
<EH2> はじめてのCAE 振動解析実践講習会通信受講
<EH3> はじめてのCAE 熱解析実践講習会通信受講
各講座とも、
受講料40,000円(教材費、事務費込み)
※各種発送料として、別途1,500円。
<ECS> Code_Saturneで行う定常流体解析実践講習会
<EE1-0>伝熱工学基礎講座
受講料40,000円(教材費、事務費込み)
※各種発送料として、別途1,000円。
<EH1><EH2><EH3>の中から2セット選択受講 受講料60,000円(教材費、事務費込み)
※各種発送料として、別途1,500円。
<EH4> CAE構造解析基礎ひととおりマスター通信教育講座 受講料80,000円(教材費、事務費込み)
※各種発送料として、別途2,000円。
<EJS> 公認CAE技能講習会セット
※自分でCAE Linux2013をインストールする人
受講料90,000円(教材費、事務費込み)
※各種発送料として、別途2,000円。
【受講期間の延長】
※希望者のみ。
2か月延長するごとに、
追加料金5,000円(税別)

【<ECS><EJS>受講者向けインストールオプション】

CAE Linux 2013 インストールオプション
※希望者のみ。自分でCAE Linux2013をインストールする人は不要。
15,000円

※この講習会の受講に必要なパソコンのスペック

<EH1><EH2><EH3><EH4>の受講者様向け
【Femap with NX Nastran 300節点制限のインストールに必要なパソコンのスペック】

※PC持参での受講希望者と通信受講希望者のみご覧ください。
OS:Microsoft Windows Vista/7/8/10(32bit,64bit)
グラフィックカード:制限なし
メモリ:1GB RAM以上
ハードディスク容量:プログラムのインストールに1.2GB、プログラムの実行には、さらに10GB以上の空き容量が必要
※ご注意ください:お手持ちのパソコンの使用状況により、ハードディスクが細分化されている等の理由で、表示通りの能力が出ない場合があります。心当たりがある場合、デフラグ等で内部を整理しておくなど事前に整備しておくことをお薦め致します。

<ECS><EJS>の受講者様向け
【Code_Saturenのインストールに必要なパソコンのスペック】

OS:Microsoft Windows Vista/7/8/10 ※64bitのみ
グラフィックカード:制限なし
メモリ:4GB RAM以上
ハードディスク容量:プログラムのインストールに1.2GB(プログラムの実行には、それに加えて30GB以上の空き容量が必要)
※ご注意ください:お手持ちのパソコンの使用状況により、ハードディスクが細分化されている等、表示通りのスペックが出ないことがございます。心当たりがある場合、デフラグ等で内部を整理しておくなど事前に整備しておくことをお薦め致します。

お申込み方法

お申込み方法のページからお申込みいただくことができます。→お申し込み方法へ


バナースペース

CAE教育研究所

太田校(本部)
群馬県太田市本町29-1  ものづくりイノベーションセンター2階
東京校
東京都港区芝公園1-2-10
ロジマン芝公園806・807

CAE教育研究所は、ものづくりの未来を拓くCAE技術者を養成する新時代のCAE教育を研究するために、CAEプロフェッショナル会社の株式会社ベリテが作った組織です。株式会社ベリテ(Verite Inc.)