本文へスキップ

CAE教育研究所はCAE技術を習得する人が社会に貢献する優秀な解析者に成長していくCAE教育を研究しています。 日本機械学会公認CAE技能講習会も開催しています。

太田校・東京校とも、お問い合わせは

TEL. 0276-55-4455

計算力学技術者資格情報QUALIFICATION

【重要】2016年度の計算力学技術者資格1級および2級認定試験受験予定者様へ
本年度の受験申込期間は、2016年8月1日(月)〜8月17日(水)17時まで
受験申請書類提出期限は、2016年8月31日(水)必着。
試験は、2016年12月10日(土)です。
公認CAE技能講習会の受講が必要な人は、受験申請書類提出期限に間に合うよう早めの受講がお薦めです。

以下、一般社団法人日本機械学会(JSME)計算力学技術者資格認定試験の2016年度情報を掲載 しております。
※ 本情報は、日本機械学会計算力学技術者の資格認定についてのパンフレットおよびホームページにおいて掲載されている内容をもとにしておりますが、受験を予定している人は受験手続き前に、必ず、JSMEの計算力学技術者(CAE技術者)資格認定についての ページ http://www.jsme.or.jp/cee/cmnintei.htm にて最新の受験情報をご確認ください。

CAE技術者 熱流体力学分野の解析技術者<2級>

認定技術レベル

基本的な流体力学、熱力学(伝熱学を含む)の問題に対して、単相の非圧縮性流/圧縮性流/層流/乱流の範囲において正しく解析問題を設定することができ、解析方法の内容を理解しており、さらに解析結果の信頼性を自分自身で検証することができる。よって、いずれかの信頼のおけるCAEソフトウエアを用いて適切な解析機能を選択しながら、基本的な熱流体問題を大きく誤ることなく解けるものと期待できる。

受験対象者の目安

機会系大卒レベルの数学的、力学的知識を有し、1年以上の解析実務経験を有する技術者。
熱流体解析ソフトウエアの使用経験があることが必須であり、受験するには、事前に使用経験の認定が必要です。これは申請書類の提出によって認定されます。
下記の認定規定(f)〜(i)のいずれか1つを満足された方に使用経験が認定されます。

(f)公認CAE技能講習会(熱流体力学分野)の受講による認定
公認CAE技能講習会(熱流体力学分野)の受講修了をもって、熱流体解析ソフトウエアの使用経験を認定。

(g)実務経験による認定
熱流体力学分野の数値解析に関する3年以上の実務経験のある方については、実務経験に関する証明書類(様式3)を提出し、認定委員会で承認されれば、熱流体解析ソフトウエアの使用経験が認定される。※様式3は、JSMEの個人ページにて作成することができます。

(h)学位による認定
熱流体力学分野の数値解析に関するテーマで修士ないしは博士の学位を取得された方(2017年3月取得見込みを含む)については、学位に関する証明書類(様式4)、または学位論文名のある学位記のコピー、あるいは学位記のコピーと学位論文名のわかる書類(例えば学位論文の表紙のコピーなど)を提出し、認定委員会で承認されれば、熱流体解析ソフトウエアの使用経験が認定されます。※様式4は、JSMEの個人ページにて作成することができます。

(i)ソフトウエア使用経験認定証明書による認定
「2011年以降」の試験において既に熱流体解析ソフトウエア使用経験の認定を受けている方は、その認定をもって今年度試験の認定とすることができます。

試験会場

試験では、JSMEが発行する標準問題集(解説付き)に準拠した内容の設問がなされます。
標準問題集は、JSMEのホームページから購入することができます。試験の申込みとセットで購入を申し込むこともできます。

試験分野

試験では、JSMEが発行する標準問題集(解説付き)に準拠した内容の設問がなされます。
標準問題集は、JSMEのホームページから購入することができます。試験の申込みとセットで購入を申し込むこともできます。

@ 計算力学のための数学の基礎
A 流体力学の基礎
B 熱力学・伝熱学の基礎
C 数値計算法
D 格子生成法
E 乱流モデル
F 境界条件
G ポスト処理の基礎
H 結果の検証方法の基礎
Iコンピュータの基礎
J 計算力学技術者倫理

合格の基準

全体の正答率が70%以上であり、かつ全問不正解の分野が2分野以下であること。

受験申請から認定までの流れ

事前準備としてJSMEに個人ページを作っておきます(随時受付)
一般社団法人日本機械学会(JAME)のホームページを開き、計算力学技術者の個人ページ登録を行い、IDとパスワードを取得します。
※既に登録済の人は新規登録を行う必要はありません。
    
受験申請 ※2013年は8月6日(火)〜22日(木)17時まで。
申込期間内にJSMEホームページの個人ページにログインし、メニューの「お申し込み」より案内に従って受験申込を行います。
   
「お申し込み」作業の完了後、メニューの「受験申請書類」に進んで受験に必要な書類を確認します。
   
受験書類提出
提出期間内に受験に必要な書類を提出します。
   
付帯講習(技能編)の受講
「付帯講習(技能編)」は、例年、認定試験同日の午前中に開催されます。受講定員があり、試験会場によっては開催しない場所もある ため、年1回の受験機会を逃さないためにも、事前に公認CAE技能講習会を受講しておくことをおすすめ致します。
公認CAE技能講習会修了者は、CAEソフトウェアの使用経験が認められます。
※CAE教育研究所においては、Code_Saturneで行う定常流体解析実践講習会が、日本機械学会公認CAE技能講習会(熱流体力学分野)になっております。
   
認定試験受験 ※例年12月開催。
解析者として必要な知識のペーパー試験です。例年12月上旬に開催されます。
   
試験合格 - 認定手続き
合格発表後、合格者は認定手続きを行います。
   
認定証到着


資格更新制度

本認定の有効期限は申請年度末より5年後の3月31日です。
所定の更新審査を受けることにより、引き続き5年間有効となります。

<参考>CAE教育研究所のおすすめ講習会

Code_Saturneで行う定常流体解析実践講習会 ※日本機械学会公認CAE技能講習会(熱流体力学分野)
公認CAE技能講習会セット ※日本機械学会公認CAE技能講習会(固体力学分野・振動分野・熱流体分野)含む
CAE技術理解のために必要な工業数学基礎講座
CAE技術理解のために必要な材料力学基礎講座
CAE技術理解のために必要な有限要素法基礎講座

バナースペース

CAE教育研究所

太田校(本部)
群馬県太田市本町29-1  ものづくりイノベーションセンター2階
東京校
東京都港区芝公園1-2-10
ロジマン芝公園806・807

CAE教育研究所は、ものづくりの未来を拓くCAE技術者を養成する新時代のCAE教育を研究するために、CAEプロフェッショナル会社の株式会社ベリテが作った組織です。株式会社ベリテ(Verite Inc.)