本文へスキップ

CAE教育研究所はCAE技術を習得する人が社会に貢献する優秀な解析者に成長していくCAE教育を研究しています。 日本機械学会公認CAE技能講習会も開催しています。

太田校・東京校とも、お問い合わせは

TEL. 0276-55-4455

CAE教育研究所は、CAEの普及活動とCAE教育により、研究開発に貢献するCAE技術者の養成を行っています。真心を込めたテクノロジーを基本理念としています。

CAE教育研究所のCAE講習会は、「はじめてCAEを学ぶ人」から「ベテラン解析従事者」まで、それぞれの段階からのスキルアップを支援する多様なプログラムがあります。

「構造解析」や「流体解析」などのCAEの実践技術講習、CAEの基礎となる原理「 有限要素法(FEM)」、技術を理解するために必要な「材料力学」、さらに、それらの理解を支える学力となる「工業数学」などの工学基礎講座等、自分に必要な技術や知識を補ってください。

CAE教育研究所の講習会は、その場限りの学習にならないよう、受講後も繰り返し学ぶことができる独自のCAE教材とシステムです。

自分で「わかった!」と納得するまで繰り返し学習できるため、知識と技術の定着に役立ちます。

計算力学技術者(CAE技術者)資格取得のお手伝いもしています。

一般社団法人日本機械学会(JSME)公認CAE技能講習会の全分野「固体力学分野」「振動分野」「熱流体力学分野」を開催し、「計算力学技術者(CAE技術者)資格」取得のお手伝いもしています。

2019年度の計算力学技術者(CAE技術者)資格 2級認定試験を受験する皆様へ
例年、8月上旬〜中旬が試験申込期間になっております。試験申込期間中及び直前の公認CAE技能講習は、たいへん混みあうことから、早めの受講をお薦め致します。
また、通信受講の人は、試験申込締切日の10日前には修了できるよう、早めの開始をお薦め致します。

サーバーメンテナンスのお知らせ
開始日時2019年5月10日(金)0時〜終了日時2019年5月10日(金)8時の時間にホームページの閲覧に支障が出ることがあります。フォームからのお申し込みやお問い合わせにつきましても、上記時間はお避けくださいますようお願い申し上げます。

只今のおすすめ講習

直近のおすすめ

5/2 Thu Salome-Mecaで行う静解析実践講習会(日本機械学会公認CAE技能講習会_固体力学分野の計算力学技術者資格対応)【東京校】12時30分〜17時50分 →講習内容 →お申込方法(受付中)

計算力学技術者資格取得対象(一般)日本機械学会 公認CAE技能講習会

資格取得に限らず、CAE初学者にもお薦めの講習です。
■受講後、日本機械学会へ申請することで、「計算力学技術者 初級資格」を取得できます。
■「計算力学技術者2級資格」を受験する人は、付帯講習の免除やソフトウェア使用経験が認められます。
初めてCAEの実践技術を学ぶ人は「静解析」から始めましょう。静解析はCAEの基本となる技術です。
(一般)日本機械学会 計算力学技術者資格対応講習
固体力学分野の公認CAE技能講習会

構造解析の基礎となる静解析の実践技術を習得する講習。2級受験の際、付帯講習(技能編)の免除。
1〜3のいずれかの受講でOKです。
■はじめてのCAE 静解析実践講習会 →講習内容
■Salome-Mecaで行う静解析実践講習会 →講習内容
■『Salome-Meca』静解析と固有値解析実践講習会 →講習内容

振動分野の公認CAE技能講習会

振動解析の基本的な実践技術を習得する講習。2級受験の際、ソフトウェア使用経験が認められる。
■はじめてのCAE 振動解析実践講習会 →講習内容

熱流体力学分野の公認CAE技能講習会

熱流体解析の基本的な実践技術を習得する講習。2級受験の際、ソフトウェア使用経験が認められる。
■Code_Saturneで行う定常流体解析実践講習会 →講習内容

複数分野のセット受講

複数の分野をセットで申し込んでお得に受講できるプランもあります。
■CAE構造解析基礎ひと通りマスター講習会 →講習内容
■公認CAE技能講習会セット →講習内容


工学基礎講座

工学知識の基礎を習得して解析者・技術者としての質を高めよう!
計算力学技術者2級受験準備としてもお薦めです。

CAE技術を支える知識を学習して解の精度を高める
CAE技術理解のための有限要素法(FEM)基礎講座→講習内容
CAE技術の原理となる知識。解の検証が行えるようになるため、解析精度が上がります。
CAE技術理解のための材料力学基礎講座→講習内容
材料力学の基礎をしっかり理解していることで、解析についての理解が深まります。
※ CAE技術者以外の技術者・研究者にも人気です。
有限要素法(FEM)や材料力学の学習に必要な学力を身に着ける
CAE技術理解のための工業数学基礎講座→講習内容
材料力学や有限要素法を理解するために前提となる工業数学の基本的な学力を身に着けます。
※ CAE技術者以外の技術者・研究者にも人気です。
CAE技術の基礎となる知識の点検と演習を重ねて、計算力学技術者資格 固体力学分野2級合格を目指す
計算力学技術者資格 固体力学分野2級受験対策講座→講習内容
年1度、例年12月上旬に開催される「計算力学技術者(CAE技術者)資格認定試験」の内、固体力学分野2級資格試験の合格に向け、必要知識の点検と、過去に出題された問題を中心とした演習を重ねて知識的総仕上げを行います。毎年、受験者にたいへん人気の講座です。
※有限要素法(FEM)、および、材料力学の学習経験、または、同等の知識があることを前提とした講習です。

その他

はじめてのCAE 熱解析実践講習会 →講習内容
■静解析、振動解析とともに、構造解析の基本的な技術の一つです。
■物質の熱の発生を抑えたい時等に必要となる大切な解析技術です。
■自動車や航空機の電気化等、これまで以上に熱解析を必要とする場が増えています。
■「CAE構造解析基礎ひと通りマスター講習会」にも含まれています。
※計算力学技術者資格対応講習ではありません。

他にも多くの種類の講習会があります。
CAE講習会一覧のページ、または、下記リストをご覧ください。
開催日(お申し込み可能日)は、講習会カレンダーをご覧ください。


CAE講習会リスト

CAEを理解するための基礎知識及び理論


CAE(構造解析)の基本技術を習得するための講座


CAE(流体解析・CFD)の基本技術を習得するための講座


オープンソースCAEソフトウェアを用いてCAE(CFD)の基本技術を習得する講習会


(一般)日本機械学会の計算力学(CAE)技術者資格取得に対応した講習会 ※公認CAE技能講習会


その他ご希望に応じて開催する講習


通信学習でCAE(構造解析)の基本技術を習得する講座


工学の基礎知識を学ぶ


CAE学習書籍


CAE資格情報

計算力学技術者資格情報
→ 計算力学技術者資格取得情報トップページ
→ 計算力学技術者とは?/計算力学技術者の役割
→ 計算力学技術者(CAE技術者)資格認定の趣旨
固体力学分野の有限要素法解析技術者
→ 初級  → 2級  → 1級  → 固体上級アナリスト
振動分野の有限要素法解析技術者
→ 初級  → 2級  → 1級  → 振動上級アナリスト
熱流体力学分野の解析技術者
→ 初級  → 2級  → 1級  → 熱流体上級アナリスト
→ 公認CAE技能講習会とは

FAQ


その他


バナースペース

CAE教育研究所

太田校(本部)
群馬県太田市本町29-1  ものづくりイノベーションセンター2階3&4

東京校
東京都港区芝公園1-2-10
ロジマン芝公園806・807

CAE教育研究所は、ものづくりの未来を拓くCAE技術者を養成する新時代のCAE教育を研究するために、CAEプロフェッショナル会社の株式会社ベリテが作った組織です。
株式会社ベリテ(Verite Inc.)