本文へスキップ

CAE教育研究所はCAE技術を習得する人が社会に貢献する優秀な解析者に成長していくCAE教育を研究しています。 日本機械学会公認CAE技能講習会も開催しています。

太田校・東京校とも、お問い合わせは

TEL. 0276-55-4455

振動解析[2] SALOME-MECA講習会SS2

オープンソースCAEソフトウェア「SALOME-MECA」で、バルブ型平板を用いたモーダル及び直接周波数応答解析を学びます。
(初級者〜スペシャリストまで)

振動解析を学びたい人だけでなく、「SALOME-MECA」や「Code_Aster」の操作をマスターしたいCAEエンジニア、設計者、研究者、学生にもおすすめの講習会です。

講習会の特徴

受講後も継続して実践しながら学べます

本講習会は、インターネット上から無料でダウンロードして使用することができるオープンソースCAEソフトウェアを用いた講習会のため、ご自分のパソコンに同ソフトウェアをインストールすることで、受講後も継続して学習することができます。

「SALOME-MECA」は、実際の解析業務に使用することができます

『SALOME-MECA』は、非常に高品質・高機能なCAEソフトウェアで、実際の解析業務に用いることができます。

オープンソースCAEソフト「SALOME-MECA」について

『SALOME-MECA』は、フランス大手電力会社eDFが開発したプリポスト『SALOME』と構造解析ソルバー『Code-Aster』が 統合されたCAEソフトウェアです。Code-Asterは、線形、非線形、ダイナミックス〜マルチフィジックと高機能を持ちます。
開発現場で活用できる品質を持っていながらオープンソースのため無料で使用することができ、今もなお開発続行中で将来性も高い、たいへん期待できるCAEソフトウェアです。
また、オープンソースソフトウェアでありながら、開発現場や教育現場で実用する上でのコンサルティング・教育等のサポートサービス(有料)もあるため、安心して実務にご利用いただくことができます。

受講対象者のレベル目安

機械設計の経験者、あるいは工学知識を有する学生および研究者で、多少なりともCAEを扱った経験があり、かつ、SALOME-MECAを扱ったことがある人。
※はじめてSAOME-MECAを扱う人は、この講習会を受講する前に、「[SALOME-MECA]静解析・固有値解析実践講習」または「Salome-Mecaで行う静解析実践講習」を受講くださいますようお願い申し上げます。

講習会の内容

オープンソースCAEソフトウェア『SALOME-MECA』用いて、バルブ型平板を題材とした、モーダル法 及び 直接法 周波数応答解析を学びます。


その他

ご自分のパソコン持参で受講することも可能です

ご自分のノートパソコン持参で参加する人は、お申し込みの際、「ノートパソコン持参」をお選びいただき、事前にオープンソースCAEソフトウェア「SALOME-MECA」をインストールして使用できるようにしておいてください。
SALOME-MECAは、http://www.code-aster.org/V2/spip.php?article303 から、無償でダウンロードできます。Windows上でSALOME-MECAをご利用いただくためには、さらに、VM Ware Player、Linux(Ubuntu)(いずれもオープンソース)もインストールする必要があります。

[Salome-Mecaのインストール及び使用に必要なPCスペック]
CPU : Intel core i5相当以上が望ましい。
OS:Microsoft Windows 7/8/10 ※64bitのみ
グラフィックカード:NVIDEA GEFORCE 640M以上が望ましい。
メモリ:4GB RAM以上(8GB 以上が望ましい。)
ハードディスク容量:最低150GB程度の空き容量が必要。
※ご注意ください:お手持ちのパソコンが上記スペックを満たしていても、使用するマシンの種類、使用状況に、設定等により、ご使用できない場合がございます。

Salome-Mecaのインストールサポートサービスとセットで受講することも可能です

この講習会と、「SALOME-MECAのインストールサポートサービス」をセットで申し込むことができます。
Salome-Mecaは、Linux上で動作するソフトウェアですが、Windows上で使用できる環境を作ることができます。そのために必要な周辺ソフトウェアのインストールも合わせて行います。
Salome-Mecaインストールサポートのみのサービスもございます。→SALOME-MECAインストールサポートの詳細ページ


開催場所

出張開催や講師派遣等を除き、通常は当研究所の常設講習会場にて開催しています。(時間は目安)

講習会場
【太田会場】→アクセス
群馬県太田市本町29-1 ものづくりイノベーションセンター内
■太田駅(東武伊勢崎線)から徒歩8分
■北関東自動車道「太田桐生IC」から車で12〜14分
■専用駐車場あり(無料)
■身体障害者用トイレあり
【東京会場】→アクセス
東京都港区芝公園1-2-10 ロジマン芝公園806&807
■御成門駅(都営三田線)A2から徒歩2分、A3bから徒歩3分
■大門駅(都営浅草線・都営大江戸線)A6から徒歩4分
■浜松町駅北口から徒歩8分
■専用駐車場なし
■身体障害者用トイレなし
【その他の会場】
企業様・団体様・教育機関様等への出張開催等、ご相談ください。→お問い合わせ
【通信受講】※必要環境
1. お手持ちのパソコンを用いて学習するため、このページ下に掲載された「必要スペック」をみたすパソコンが必要です。
2. インターネット環境が必要です(講師への質問や解答提出、返答受取に使用します。ソフトウェアのダウンロードの際も必要です。)

開催日

講習会場で受講する人は、講習会カレンダーのお申し込み可能日からお選びいただくことができます。
通信受講者は、講習カレンダーに関係なくお申し込み可能です。

開催時間

講習会場での受講

講習会場での受講は講習カレンダーに記載された時間、A、B、C(※)からお選びいただくことができます。
(学習時間300分)
代行型インストールサポートは10時〜12時に行うことから、Cの受講時間のみ選択可能です。

インストールサポート無し
Aプラン
10時〜16時(昼休憩50分、リフレッシュ休憩10分)
Bプラン
10時30分〜16時30分(昼休憩50分、リフレッシュ休憩10分)
Cプラン
12時30分〜17時50分(リフレッシュ休憩10分×2回)
代行型インストールサポート付き
代行型インストールサポート
10時〜11時50分 ※講習前に行います。
Cプラン
12時30分〜17時50分(リフレッシュ休憩10分×2回)

通信受講
準備中

通信受講の期限は教材到着から約3か月後です。
受講修了にじゅうぶんな期間設定となっておりますが、ご希望の場合は有料で延長も承っております。


※別画面で開きます


受講料金

1名様あたりの受講料は下記表の通りです。
受講料には、教材および事務費が含まれております。
別途、消費税が必要です。
■一般開催:他の受講者様とご一緒の集合開催です。
■貸切開催:一緒にお申込の人のみでお申込を終了して貸切にします。

一般開催 東京校 太田校
1名 60,000円 50,000円
2名同時申し込み&受講 45,000円 35,000円
3名以上同時申し込み&受講 35,000円 30,000円
インストールサポート
(有料オプション)
[代行型]+20,000円

貸切開催 東京校 太田校
1名 90,000円 80,000円
2名同時申し込み&受講 50,000円 45,000円
3名以上同時申し込み&受講 40,000円 35,000円
インストールサポート
(有料オプション)
[代行型]+20,000円

通信受講 受講料
基本(3か月以内) 40,000円
※各種送料として、別途1,000円。
インストールサポート
(有料オプション)
(希望者のみ)
[簡易型]準備中
[代行型]+20,000円
受講期間延長(希望者のみ) 2か月ごとに、5,000円の追加受講料

その他の開催形式
出張開催・講師派遣・講習会請負等、企業様・団体様・教育機関様の研修
開催条件により異なります。お見積もり無料。お気軽にご相談ください。→お問い合わせ

お申し込み方法

お申し込みから受講までの流れ等、下記からご覧ください。それぞれ別画面で開きます。

お申し込み方法

お申し込み方法


前のページ CAE講習会一覧へ戻る

バナースペース

CAE教育研究所

太田校(本部)
群馬県太田市本町29-1  ものづくりイノベーションセンター2階3&4

東京校
東京都港区芝公園1-2-10
ロジマン芝公園806・807

CAE教育研究所は、ものづくりの未来を拓くCAE技術者を養成する新時代のCAE教育を研究するために、CAEプロフェッショナル会社の株式会社ベリテが作った組織です。
株式会社ベリテ(Verite Inc.)