本文へスキップ

CAE教育研究所はCAE技術を習得する人が社会に貢献する優秀な解析者に成長していくCAE教育を研究しています。 日本機械学会公認CAE技能講習会も開催しています。

CAEエンジニア養成/計算力学技術者資格取得支援

www.cae-school.com

CAE講習の申込方法ENTRY

このページはオンライン受講でのCAE実践技術講習のお申込方法です。

■他の受講形式(講習会場・通信受講)や工学基礎科目(工業数学・材料力学・有限要素法等)のお申し込み方法はお申込方法選択ページへ。
■講師派遣や、CAE特定専門家養成プログラム等、掲載以外の講習に関するのお申し込みやご質問については、お問い合わせフォームをご利用ください。

※休日もフォームからお申し込みやお問い合わせが可能ですが、お手続きは休み明けになります。

CAE実践技術系講習のオンライン受講のお申し込みから受講までの流れ

受講する講習を決めます
  
講習カレンダーのページで受講日を決めます→講習カレンダー

■開催日直前のお申し込みは、講師や教材の手配、テスト通信等、受講に必要な準備が間に合わないと予測される場合、ご希望日の変更をお願いすることもございます。余裕ある日程にて受講日をお決め下さいますようお願い申し上げます。
  
1. お申し込みフォームからお申し込み
■お申し込みフォームは、このページの下にあります。
■先着優先で受け付けております。既に埋まっている場合は、ご希望日の変更をお願いすることもございます。
  
申込翌日中までに、お申し込み内容のご確認とお手続きについてのメールが送られてきます。
2. お申し込み内容をご確認ください
もし、誤りがあった場合は返信にてお知らせください。修正後の内容にて、ご確認用メールを再送します。
  
お申込み内容に相違なければ、
3.[通常のお支払い方法の人]※個人・法人いずれも可能
受講日の7日前までに受講料をお振り込みください。
受講料のご入金確認完了後、教材発送となります。教材到着後、受講日の3日前までに、ソフトウェアのインストールや通信テスト等、受講準備を行っていただきますので、それらを考慮し、余裕ある日程にてお手続きくださいますようお願い申し上げます
3.[法人様へ請求書発送の人]
請求書発送前にメールにて請求書の見本をお送り致します。内容及び書式をご確認いただき、ご了承のお返事をお送りください。誤りや変更がございました場合は必要箇所をご返信ください。修正後の見本を再送させていただきます。
 
ご了承後、請求書を発送するとともに、受講者様への教材発送となります。
  
4. 教材到着
■すべての教材が揃っていることをご確認ください。
■教材到着後、講習で用いるCAEソフトウェアのダウンロード及びインストールを速やかに行ってください
   
5. テスト通信(要事前予約)
■オンライン受講の事前練習として、次の確認と練習を行います。特に問題なければ10分程度で終了します。
1.オンラインして講習に入る練習
2.講師のソフトウェア動作を画面で観ることが出来るかの確認
3.講師と会話することが出来ること(講師音声の聞き取りとご自分のマイクの状況)の確認
※受講中に「操作が遅れてしまった」「講師と異なる画面になった」「講師への質問」等、講師に伝えるために必要になります。
4.CAEソフトウェアが正しく動作しているか
5.解析結果を講師に提出する方法の練習
【重要】必ずテスト通信前にソフトウェアのインストールを済ませておいてください
【重要】受講日の4日以上前にテスト通信を済ませてください。
問題が出た場合は速やかに解決に努め、受講日の2日前までに解決して講師へお知らせください
※解決しない場合は、受講日の延期、または、通信受講や対面式受講へ変更していただきます。他の受講者様の受講に支障が出ることからご了承ください。尚、お選びいただいた変更の種類によっては追加料金が発生する場合がありますが、すべて申込者様にご確認いただき、ご了承いただきました上で変更となりますのでご安心ください。
   
6. 受講当日
■講習は、講師の説明を受けながら自らも解析を行い、各解析結果を担当講師へ提出して講師に確認してもらいながら進んでいきます。
※不正解の場合は講師のアドバイスを受けながら解析し直し、正しい解を導く技術を身に着けます。
■すべての問題が正しく解析できて修了です。
※他の受講者様の学習に支障が出るほど遅れたりアドバイスを受けても出来なかった問題は、いったん他の受講者様と一緒に次の問題に進んでいただく場合があります。講習終了後にやり直して講師へ提出して正しく出来ていれば修了です。出来ていない場合は講師のアドバイスを受けて再提出し、正解となって修了になります。
   
7. 修了証書到着
修了後、1週間以内に修了証書が発送されます。

公認CAE技能講習の受講者は、(一般)日本機械学会へ所定の申請を行うことで、計算力学技術者(CAE技術者)初級資格を認定されます。また、2級受験予定者は受験資格となるCAE実務経験を補うことができます。詳しくは、計算力学技術者資格情報のページをご覧ください。


お申込み前に必ずご覧ください

お申込みの前に必ずお申し込み同意のページをご覧ください。同意の上、お申込みいただいたものとして扱わせていただきます。
→お申込み同意内容(別画面で表示されます)

CAE講習会のお申込み

CAE実践技術講習オンライン受講のお申し込みフォーム

オンライン受講するにはインターネット環境及びデゥアルモニター、または、PC2台、または、大画面モニター等の環境が必要です。詳細は、各講習の詳細ページをご覧ください。

1. お申込み講習会(必須、複数選択可)

ご希望の講習をお選びください。

構造解析の基本技術(初心者・初級)
 ※初めてCAE技術を学ぶ人は、CAE技術の基本である(onH1)の静解析から初めてください。

(onH1)はじめてのCAE静解析実践講習会(日本機械学会公認CAE技能講習会_固体力学分野)_オンライン受講

(onH2)はじめてのCAE振動解析実践講習会(日本機械学会公認CAE技能講習会_振動分野)_オンライン受講

(onH3)はじめてのCAE熱解析実践講習会_オンライン受講

流体解析の基本技術をオープンソースCAEソフトウェアを用いて学ぶ講習
 ※インストールサポートとセットで受講する人はご希望のインストールサポートもチェックをいれてください。

(onCS1)Code_Saturneで行う定常流体解析実践講習会(日本機械学会公認CAE技能講習会_熱流体分野)_オンライン受講

(onCS1_OP1)Code_Saturne(CAE Linux 2013)の代行型インストールサポート(税別20,000円)を付ける

(onCS1_OP2)Code_Saturne(CAE Linux 2013)の簡易型インストールサポート(税別5,000円)を付ける

構造解析の基本技術をオープンソースCAEソフトウェアを用いて学ぶ講習
※初めてSALOME-MECAを学ぶ人は、基本説明が入った(S1)または(SM1)から受講してください。
※インストールサポートとセットで受講する人はご希望のインストールサポートにもチェックをいれてください。


(onSM1)SALOME-MECAで行う静解析と固有値解析実践講習会(日本機械学会公認CAE技能講習会_固体力学分野)_オンライン受講

(onS2)『SALOME-MECA』アッセンブリ―の応力・変形解析実践講習会_オンライン受講

(onS3)『SALOME-MECA』定常熱伝導解析実践講習会_オンライン受講

(onS4)『SALOME-MECA Ver.2016』振動解析実践講習会[1]片持ち梁を用いたモーダル及び直接過渡応答(時刻歴応答)解析_オンライン受講

(onS5)『SALOME-MECA Ver.2016』振動解析実践講習会[2]バルブ型平板を用いたモーダル及び直接周波数応答解析_オンライン受講

(eSop1)SALOME-MECA代行型インストールサポート(税別20,000円)のオプションをつける

(eSop2)SALOME-MECA簡易型インストールサポート(税別5,000円)のオプションをつける

2. お申し込み講習受講のためのご確認(必須

オンライン受講は、お申し込みの講習を受講するために必要なスペックを持つパソコンを受講者様ご自身でご用意いただく必要があります。
また、受講するために必要な環境があります。
必要スペックと環境は講習ごとに異なりますので、必ず各講習の詳細ページでご確認ください。
受講用パソコンの必要スペックと受講環境をご確認いただき問題なければ下記にチェックを入れてください。

申し込んだ講習のオンライン受講に必要なスペックを持つパソコンと受講環境の準備はできています

3. お申込み人数(必須

1名
2名
3名以上(名)
3名以上(人数未確定)※法人のみ選択可能。決まり次第お知らせください。遅くとも受講日の1週間前までにお知らせください。

4. 受講形式(必須

【通常開催】他の受講者様とご一緒の受講。
 ※一般受講料になります。
【貸切開催】お一人または同時申込者様のみで開催します。
 ※貸切開催の受講料になります。

5. ご希望の受講日と時間(必須

講習カレンダーのお申し込み可能日からご希望の受講日と受講時間をご記入ください。
■希望日時をまだ決めていない人は、こちら(→講習カレンダー)から別画面で受講可能日をご確認いただくことができます。
受講可能時間(☆)は、各講習の詳細ページに記載されています
■ご不明な場合は「相談希望」を選択ください。受付スタッフがご連絡させて頂き、ご希望と開催可能時間から最適をご提案させていただきます。
☆誤った時間をご記入いただいた場合は受付スタッフがご連絡しますので安心してご記入ください。

受講日
※受講日記入例:5/14火
受講時間(選択)
希望時間 ※記入例:12時30分〜18時
おまかせ
相談希望

6. お名前、ご連絡先、教材送付先等をご入力ください。(必須


受講者様についてお知らせください

※受講者様が複数の場合は代表者様についてご記入いただき、他の受講者様名は「10.連絡事項」にご記入ください。
受講者様のお名前
姓:
名:
フリガナ(全角)

姓:
名:
年齢
所属名(会社・団体・学校)
  部署名(学部・学科):

このお申し込みのご連絡先についてお知らせください。

ご連絡先種類について(お選びください)
勤務先   学校   ご自宅

ご連絡先となる人(お申込担当者様)
※受講者様と同じ場合は、姓の欄に「受講者本人」と入れるだけで結構です。

申込担当者名
会社名(団体・学校)
  部署名(学部・学科):

ご連絡先ご住所
郵便番号(半角):
都道府県(お選びください)

市町村(番地)

ビル・建物名

ご連絡先電話番号(半角)記入例:027-655-4455

緊急連絡先電話番号(半角)※緊急時に備え、当日ご連絡可能な番号をお知らせください(携帯推奨)。

E-mailアドレス(半角)

確認のため、もう一度ご入力ください。

教材送付先をお知らせください。

教材送付先種類(お選びください)
勤務先   学校   ご自宅

教材送付先
※既にご記入済みのご住所の場合は、お名前欄に「受講者本人」または「申込担当者」と入れるだけで結構です。
お名前
会社名(団体・学校名)
  部署名(学部・学科名):

教材送付先ご住所
郵便番号(半角):
都道府県(お選びください)

市町村(番地)

ビル・建物名

教材送付先電話番号(半角)記入例:027-655-4455


7. 受講料のお支払いについて(必須

【お支払い方法】下記からお選びください。

通常のお支払方法(個人・法人いずれも可能)
受講日7日前(土日祝日を除く)の正午までに銀行振込。

法人様へ請求書を発行
通常、請求書発行日から翌月末までの間に銀行振込にてお支払いいただいております。※貴法人の規定がある場合は可能範囲でご対応させていただきます。ご相談ください。

ご請求内容をご確認いただいてから発送させていただいております。
[ご請求先]※連絡先と同じ箇所は「同上」で結構です。
法人名:
部署名・担当者名:
郵便番号(半角):
住所1(都道府県市町村):
住所2(建物名):
電話番号(半角):
ご担当者様e-mail:
確認用にもう一度e-mailをご記入ください

8. 領収書の発行について

【領収書について】
銀行振込のため領収書を発行しておりませんが、ご希望の場合は事務手数料300円(税込330円)で発行しております。
ご希望の場合は下記にチェックを入れ、宛名をご記入ください。
領収書の発行を希望する:宛名

9. 受講者様の、CAEに関する経験や受講目的についてお教えください(任意)

講師が受講者様のご経験や目的に合わせて可能な限り講習内容を微調整します。

受講者様の学習経験
1. 工業数学の学習経験:
ある ない
2. 材料力学の学習経験:
ある ない
3. 有限要素法(FEM)の学習経験:
ある ない
4. CAEの実務経験:
ある ない
5. 今回申し込んだ講習会で使うソフトウェアの使用経験:
ある ない
6. その他CAEソフトウェア使用経験:
ある-ソフトウェア名
ない
7. CAE教育研究所での受講経験:
ある-講習名
ない

受講目的・目標
1. CAEソフトの操作がわかるだけでよい:はい いいえ
2. CAEを理論から理解したい:はい いいえ
3. 計算力学技術者資格初級取得のため:はい いいえ
4. 計算力学技術者資格2級受験準備のため:はい いいえ
5. その他受講目的:

10. その他、連絡事項がございましたらご記入ください。

例1:同時申込者名:構造 太郎、解析 二郎
例2:別申込の「有限要素法講習」と請求書を一つにまとめてほしい
例3:補助金利用にて受講

記入内容に誤りが無いことを確認の上、送信してください。

ありがとうございました。


バナースペース

CAE教育研究所

太田校(本部)
群馬県太田市本町29-1  ものづくりイノベーションセンター2階3&4

東京校
東京都港区芝公園1-2-10
ロジマン芝公園806・807

CAE教育研究所は、ものづくりの未来を拓くCAE技術者を養成する新時代のCAE教育を研究するために、CAEプロフェッショナル会社の株式会社ベリテが作った組織です。
株式会社ベリテ(Verite Inc.)