本文へスキップ

CAE教育研究所はCAE技術を習得する人が社会に貢献する優秀な解析者に成長していくCAE教育を研究しています。 日本機械学会公認CAE技能講習会も開催しています。

CAEエンジニア養成/計算力学技術者資格取得支援

www.cae-school.com

計算力学技術者 熱流体力学分野2級情報QUALIFICATION

【重要】2023年度の計算力学技術者資格2級認定試験日程
(熱流体力学分野の解析技術者2級)

■試験実施日
【熱流体力学分野2級】
2023年12月7日(木)
■試験時間 120分
【受付時間】13時15分〜13時30分(※厳守)
【開始時間】13時45分
■試験会場
各自で予約したプロメトリック株式会社の試験会場
※注意:CBT試験は座席予約性のため集合時刻厳守で実施。集合時間に遅れた場合は、いかなる理由においても受験することが出来ません

■受験申込期間
【Web申込期間】
2023年7月25日(火)〜8月10日(木)23:59まで
【書類提出期間】Web申込後〜8月22日(火)23:59まで。
【試験料払込期間】支払案内メール受信後〜8月22日(火)
※支払案内メールは事務局にてWeb登録後、数日〜1週間程度で到着
【受験会場予約】試験日の約2か月前より開始予定
※Web申込・試験料払込が完了して受験資格が確認できた人へ予約方法が通知されます。
各会場の席には限りがあることから早めの予約がお薦め。会場の変更は予約後も可能。
※会場申込・支払時にプロメトリック株式会社のプロメトリックIDの登録が必要。

☆受験資格の一つとなるCAEソフトウェアを用いた解析経験として「公認CAE技能講習会」の受講が必要な人は、受験書類提出期限に間に合うよう、早めの受講がお薦めです。

一般社団法人日本機械学会(JSME)計算力学技術者資格認定試験の2022年度情報を掲載しています。
※ 本ページの情報は、日本機械学会計算力学技術者の資格認定事業のパンフレットおよび2023年6月1日版の受験案内を基にしております。
受験者は受験手続き前に、必ず、JSMEの計算力学技術者(CAE技術者)資格認定についてのページ https://www.jsme.or.jp/cee/ にて最新の受験情報をご確認ください。

CAE技術者 熱流体力学分野の解析技術者<2級>

認定技術レベル

基本的な流体力学、熱力学(伝熱学を含む)の問題に対して、単相の非圧縮性流/圧縮性流/層流/乱流の範囲において正しく解析問題を設定することができ、解析方法の内容を理解しており、さらに解析結果の信頼性を自分自身で検証することができる。
よって、いずれかの信頼のおけるCAEソフトウエアを用いて適切な解析機能を選択しながら、基本的な熱流体問題を大きく誤ることなく解けるものと期待できる。

受験対象者の目安

機械系大卒レベルの数学的、力学的知識を有し、1年以上の解析実務経験を有する技術者。

受験資格

熱流体解析ソフトウエアの使用経験があることが必須であり、受験するには、事前に使用経験の認定が必要です。これは申請書類の提出によって認定されます。一度認定されればその後5年間有効です。ソフトウェア使用経験の認定に関しては4種類の認定規定があり、下記の認定規定(e)〜(h)のいずれか1つを満たすことで使用経験が認定されます。

(e)公認CAE技能講習会(熱流体力学分野)の受講による認定
JSMEが認定したCAEベンダー等が実施する公認CAE技能講習会(熱流体力学分野)の受講修了をもって、熱流体解析ソフトウエアの使用経験が認定されます。(2018年9月1日から2023年8月31日までに実施された講習会のみ有効です。)
※試験申込時に公認CAE技能講習会(熱流体力学分野)の受講証明書を提出することでソフトウェア使用経験が認定されます。
■参考 CAE教育研究所における公認CAE技能講習会は、「Code_Saturneで行う定常流体解析実践講習会」です。
受講修了後に発行している「修了証書」が「受講証明書」として、受験申請の際、「ソフトウェア使用経験認定申請書類」になります。

(f)実務経験による認定
熱流体力学分野の数値解析に関する3年以上の実務経験のある方については、実務経験に関する証明書類(様式3)を提出し、認定委員会で承認されれば、熱流体解析ソフトウエアの使用経験が認定されます。
実務経歴には修士ないし博士課程での経験も含めることができますが、学部での経験は認められません
※様式3は申込後に「計算力学技術者(CAE技術者)個人ページ」にて作成することができます。

(g)学位による認定
熱流体力学分野の数値解析に関するテーマで修士ないしは博士の学位を取得された方(2024年3月取得見込みを含む)については、学位に関する証明書類(様式4)、または学位論文名のある学位記、あるいは学位記と学位論文名のわかる書類(例えば学位論文の表紙など)を提出し、JSMEの認定委員会で承認されれば、熱流体解析ソフトウエアの使用経験が認定されます。
※様式4は申込後に「計算力学技術者(CAE技術者)個人ページ」にて作成することができます。

(h)ソフトウエア使用経験認定証明書による認定
「2018年以降」の試験において既に熱流体解析ソフトウエア使用経験の認定を受けている方は、その認定をもって今年度試験の認定とすることができます。この認定は一度取得するとその後5年間有効となります。
※申込時に「解析ソフトウェア使用経験認定証明書」を提出します。

試験方式

CBT(Computer Based Testing)方式を導入して認定試験を実施。

【CBT方式試験について】
1. 問題用紙や解答用紙を配布せず、コンピュータに問題が表示されます。
2. コンピュータに表示された試験問題に対し、マウス・キーボードを使って解答。
3. 画面には電卓や残り時間も表示されます。
4. 試験中は配布されたメモ用紙及び筆記用具が使用可能。
5. PCは会場に用意されています。ご自分のPCでの受験はできません。
※CBT試験会場運営はJSME計算力学技術者資格認定事業委員会より委託を受けたプロメトリック株式会社にて行われます。

試験会場

JSMEより運営を委託されているプロメトリック株式会社が指定する試験会場で試験開催日に開催している試験会場の中から、自分に合う試験会場を選択することができます。
1. 試験会場の予約は同社の受付サイトから予約。
2. 開催会場の情報開示及び会場予約は、試験開催日の約2か月前を予定(試験申込者へ通知)。
3. 予約には同社のプロメトリックIDの登録が必要。
4. 開催会場であっても、満席の場合には予約不可。
5. 受験会場予約期間中は希望会場の空きがあれば会場変更可能。 会場予約期間終了後の会場変更は不可。

認定試験料

【認定試験料】15,400円(消費税込)

認定登録料(試験合格者のみ)

3,300円(消費税込)
※認定登録料には、認定書の発行手数料および登録データ管理料が含まれる。

試験分野

試験では、JSMEが発行する標準問題集(解説付き)に準拠した内容の設問がなされます。
標準問題集は税込5,500円。計算力学技術者資格認定試験HPの販売サイトリンクより購入可能。(7月下旬頃発売予定)

@ 計算力学のための数学の基礎
A 流体力学の基礎
B 熱力学・伝熱学の基礎
C 数値計算法
D 格子生成法
E 乱流モデル
F 境界条件
G ポスト処理の基礎
H 結果の検証方法の基礎
Iコンピュータの基礎
J 計算力学技術者倫理

合格の基準

全体の正答率が70%以上であり、かつ全問不正解の分野が2分野以下であること。

試験時間

120分

受験申請から認定までの流れ


試験申込期間前からできる準備

計算力学個人ページの作成(随時可能)
一般社団法人日本機械学会(JSME)計算力学技術者資格認定事業委員会のホームページを開き、計算力学個人ページのIDとパスワードを取得します。
※既に登録済の人は新規登録を行う必要はありません。

ソフトウェア使用経験認定のための準備
ソフトウェア使用経験認定に関する書類については、このページの「受験資格」の欄の(a)〜(d)をご覧ください。
※ 公認CAE技能講習会の受講にて「ソフトウェア使用経験」の認定を受ける人は、「受験書類提出期間内」に受講を修了して「受講証明書(CAE教育研究所においては修了証書)」を入手しているよう、早めに準備しておきましょう。

受験申込→受験書類提出→受験料支払→受験会場予約

【受験申込】申込期間:2023年7月25日(火)〜8月10日(木)23:59まで
申込期間内に個人ページにログインし、メニューの「お申し込み」より案内に従って申込を行います。(申込状況により期間が変更される場合がございます。)

【受験書類提出】提出期間:Web申込後〜8月22日(火)23:59まで。
「お申し込み」完了後、メニューの「受験申請書類」に進んで受験に必要な書類をデータで提出します。

【受験料支払(コンビニ払い)】支払期間:支払案内メール受信後〜8月22日(火)
支払案内メールはWeb登録後数日〜1週間程度で到着します。

【受験会場予約】
試験日約2か月前より開始予定。
Web申込・試験料払込が完了して受験資格が確認できた人へ予約方法が通知されます。
各会場の席に限りがあるため早めの予約がお薦め。
予約後の会場変更可能。
※会場申込時にプロメトリック株式会社のプロメトリックIDの登録が必要です。

(希望者のみ)試験対策講習会(9月〜11月)。

【認定試験受験】熱流体力学分野2級認定試験日:2023年12月7日(木)
受付時間は13:15〜13:30。
試験問題は、JSMEが発行する標準問題集に準拠した設問がなされます。

合否発表〜認定申請〜認定証到着〜合格者氏名掲載

いずれも2024年

【合否発表】3月上旬〜3月中旬、郵送での通知を予定。

【認定申請】3月中旬〜3月下旬(予定)
合格者へ手続き方法が通知されます。

【認定証到着】4月中旬(予定)

【合格者氏名掲載】(一般)日本機械学会 計算力学技術者資格認定事業委員会のホームページ上に掲載(予定)

資格更新制度

本認定の有効期限は認定証の発行より5年後の3月31日です。日々の計算力学解析業務等に関する更新審査を受けて合格すれば、引き続き5年間有効となります。


CAEのスキルアップを支援しています!

CAE教育研究所では、一般財団法人 日本機械学会が発行する計算力学技術者資格のすべての分野(固体力学分野の有限要素法解析技術者・振動分野の有限要素法解析技術者・熱流体分野の解析技術者)の 初級 および 2級 取得に関する公認CAE技能講習会を開催しています。

また、解析者に必要な基礎知識や学力を身に着けるための講座も行い、CAE技術者のスキルアップを支援しています。

<参考>熱流体力学分野2級受験者におすすめの講習会


計算力学技術者資格情報ページの目次
→ 計算力学技術者資格取得情報トップページ
→ 計算力学技術者とは?/計算力学技術者の役割
→ 計算力学技術者(CAE技術者)資格認定の趣旨
固体力学分野の有限要素法解析技術者
→ 初級   → 2級   → 1級
振動分野の有限要素法解析技術者
→ 初級   → 2級   → 1級
熱流体力学分野の解析技術者
→ 初級   → 2級   → 1級
各分野の初級資格取得 及び 2級受験者のCAE使用経験に関する
→ 公認CAE技能講習会とは
上級アナリスト
→ 固体上級アナリスト
→ 振動上級アナリスト
→ 熱流体上級アナリスト

バナースペース

CAE教育研究所

太田校(本部)
群馬県太田市本町29-1  ものづくりイノベーションセンター2階3&4

東京校
東京都港区芝公園1-2-10
ロジマン芝公園806・807

CAE教育研究所は、ものづくりの未来を拓くCAE技術者を養成する新時代のCAE教育を研究するために、CAEプロフェッショナル会社の株式会社ベリテが作った組織です。
株式会社ベリテ(Verite Inc.)